ArabicBengaliChinese (Simplified)Chinese (Traditional)DutchEnglishFilipinoFrenchGermanGreekHindiIndonesianIrishItalianJapaneseKoreanMaoriMongolianNepaliPersianPortugueseRussianSamoanSinhalaSpanishThaiTurkishUkrainianUrduVietnamese

▲ 翻訳( translation )▲

PCR検査 唾液の採取方法

(注意!)検査30分前から以下の内容は控えてください。

  • 歯磨き(うがい、口腔洗浄も含む)
  • ご飲食(水、お茶、コーヒーなど全て含む)
  • タバコ、ガム、飴 等

①袋の中に検体スティック・ロウト・吸水紙が入っているのを確認してください。
検体番号のラベルシールは剥がさないでください。

②ロウトと検体スティックを組み立ててください。
スティックは液体が入っています。液体をこぼさないように注意してください。

③検体スティックの1mlの線まで唾液を入れてください。
泡ではなく液体を線まで入れてください。
多く入れすぎると検査できない場合があります。

④ロウトを外し、検体用の蓋をしっかりと締めてください。

⑤検体を吸水紙でしっかりと包んでください。

⑥吸水紙で包んだ検体を(バイオハザードマーク)がついた袋に入れてジップをしめてください。
ロウトは入れずに捨ててください。吸水紙で包んだ検体以外は絶対に入れないでください。

検体スティック内の液体について

・検体スティック内には、検体を郵送するために必要な保存液が、あらかじめ入れてあります。保存液は捨てずに、そのままスティック内にロウトを使用して唾液を入れてください。

保存液は絶対に飲まないでください。間違って口に入れてしまった場合は、すぐに吐き出し、流水でしっかりとすすいでください。必要に応じて医師の診断をお受けください。

・保存液内に、まれに白い浮遊物が入っていることがありますが、この場合でも保存液に問題はなく、PCR検査にも支障ございませんので、そのままご使用ください。

ご不明な点など、お尋ねがございましたら、お気軽にお電話ください。
052-451-6336
052-446-7338

*毎日 10:00-15:00で電話受付しております。
*店内が混みあっている場合、電話に出られないこともございます。あらかじめご了承ください。